1990年代の映画が一番見れるVOD(動画配信サービス)はここ!

1990年代の映画が見れるVOD VOD

1989年が平成元年だから1990年代は平成初期にあたるわけですが、そのころの映画のタイトルを見ると、えっ?もうあれから20年以上経ったのかと思ってしまいますね。

もう一度見たくなる映画とか、なぜかまだ見ていない映画とかも結構あって、VOD(ビデオ・オン・デマンド)で手軽に見たいものです。

そこで定額見放題となるVODの中で、どこが一番1990年代の映画が見れるのか、調べてみました。

※2019年4月末現在の独自調査です。その後の変更もありますし内容を保証するものではありませんが、傾向は大きく変わらないと思います。

調査対象VODの定額(税抜価格)

今回調査対象にしたVOD(動画配信サービス)は、定額で映画が多く見れるU-NEXT、Netflix、Hulu、Amzon prime、TSUTAYA TV、dTV、DMM見放題chライト、ビデオマーケットの8つです。定額見放題の価格(税抜)を高い順で先に示しておきます。

U-NEXT:月額1,990円、見放題65000本以上、有料レンタル45000本以上、雑誌見放題70誌以上、書籍33万冊、毎月1200ポイントがチャージされ新作レンタルに使えます。

Netflix:月額1,200円(HD画質のスタンダードプラン)

Hulu:月額933円、50,000本の映画・ドラマが見放題

TSUTAYA TV:月額933円、毎月1,080ポイントの動画ポイントが付与され、新作映画などに使えます。

dTV:月額500円、12万作品が見放題

ビデオマーケット:月額500円(プレミアムコース)

DMM見放題chライト:月額500円、7000タイトル以上が見放題(内アダルト2000本)

Amazon Prime:年額4,900円(税込)、4,537円(税抜)※1ヶ月あたり378円。ビデオ(prime video)、音楽100万曲以上無料(prime music)、電子書籍(prime reading)、オンラインゲーム(Twitch prime)、お急ぎ便や日時指定などが無料(Prime delivery)

1990年代の洋画17作品の調査結果

まず1990年代のアカデミー賞受賞作、興行収入が多かった作品など、洋画の代表作17作品がどこで見れるかを調べたのが下の表。有料の金額は税抜表示にしました。

作品名 定額無料 1~200円 201~399円 400円~
ゴースト
ニューヨークの幻
Netflix
TSUTAYA-TV
Amazon dTV
DMM
ビデオマーケット
 
羊たちの沈黙 Hulu
U-NEXT
  DMM
ビデオマーケット
 
許されざる者 TSUTAYA-TV
U-NEXT
Amazon dTV
DMM
ビデオマーケット
 
シンドラーのリスト Amazon   dTV
DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV
ジュラシック・パーク Amazon
dTV
Netflix
U-NEXT
  DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV
フォレスト・ガンプ
一期一会
Amazon
Netflix
TSUTAYA-TV
U-NEXT
  dTV
DMM
ビデオマーケット
 
ショーシャンクの空に Amazon
dTV
Hulu
Netflix
TSUTAYA-TV
U-NEXT
  DMM
ビデオマーケット
 
ブレイブハート Hulu
U-NEXT
Amazon dTV
DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV
セブン Amazon
Hulu
TSUTAYA-TV
  dTV
ビデオマーケット
 
イングリッシュ・ペイシェント U-NEXT Amazon
DMM
ビデオマーケット
  TSUTAYA-TV
タイタニック Hulu
U-NEXT
Amazon dTV
DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV
プライベート・ライアン Amazon
Netflix
TSUTAYA-TV
U-NEXT
  dTV
DMM
ビデオマーケット
 
恋におちたシェイクスピア   Amazon   TSUTAYA-TV
アメリカン・ビューティー Amazon
Netflix
TSUTAYA-TV
U-NEXT
  dTV
DMM
ビデオマーケット
 
アルマゲドン   Amazon DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV
マトリックス Netflix   dTV
DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV
シックスセンス   Amazon dTV
DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV

17作品中見れる数をまとめると

  • 定額無料:U-NEXT 10、Amazon prime 7、Netflix 7、TSUTAYA TV 7、Hulu 5、dTV 2
  • 200円以下:Amazon prime 8、DMM 1、ビデオマーケット 1
  • 201~399円:dTV 11、DMM 14、ビデオマーケット 15
  • 400円以上:TSUTAYA TV 9

まずdTV、DMM、ビデオマーケットは月額500円と安い見放題メニューがありますが、今回調べた旧作映画についてはほとんど有料レンタルになります。

Huluは映画の作品数自体がそれほど多くありません。

見放題の数が一番多かったのはU-NEXTの10で、やはり月額1,990円だから当然と言えますが、これ以外の7作品は探してもありません。

次に見放題数が7で並んだのがAmazon prime、Netflix、TSUTAYA TVですが、Netflixは見放題のみなので他の10作品はありません。

結局有料レンタルを含めて作品カバー数が多かったのは、TSUTAYA TVの16とAmazon primeの15になります。

ただしTSUTAYA TVは単品レンタルが高い。30%ポイント還元もやっていますが、元々が400円です。月額933円で毎月1,080ポイントの動画ポイントが付与されるので、それで見ればよいのではと思うかもしれませんが、新作には使えても旧作には動画ポイントが使えない作品が多く、追加購入しなくてはならないのが残念です。

それに比べるとAmazon primeのこの時代の旧作は199円(税込)、185円(税抜)ですから、元々の会費月あたり378円と合わせて、15作品全部見ても1,858円しかかからず、U-NEXTの月額よりも安いことになります。

1990年代の邦画16作品の調査結果

1990年代の邦画についても調べてみました。同じように抽出した16作品の結果です。

作品名 定額無料 1~200円 201~399円 400円~
天と地と   Amazon    
少年時代        
おもひでぽろぽろ        
息子 Hulu
Netflix
  ビデオマーケット  
シコふんじゃった。   Amazon
DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV  
紅の豚        
月はどっちに出ている     DMM
ビデオマーケット
 
全身小説家        
午後の遺言状 Amazon   DMM
ビデオマーケット
 
耳をすませば        
Shall we ダンス?   Amazon
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV  
うなぎ        
もののけ姫        
失楽園 Amazon
dTV
Netflix
  DMM
TSUTAYA-TV
ビデオマーケット
 
HANA-BI        
鉄道員(ぽっぽや) Amazon   DMM
ビデオマーケット
TSUTAYA-TV

そもそも邦画は、動画配信されていない作品が多いことが分かります。特に「紅の豚」「耳をすませば」「もののけ姫」といったジブリ作品についてはすべてTSUTAYA DiscasなどでDVDかBlue-rayをレンタルする、あるいは購入するしかありません。日テレの金曜ロードショーで時々放映するので録画しておくという手もありますが。

とは言え、Amazon primeは邦画でも比較的多く揃えているのが分かると思います。

とりあえずAmazon prime、プラスαで考える

今回はもちろん1990年代の作品に限って調べた結果ですから、見たいジャンルや作品によってU-NEXTやTSUTAYA TVが良かったり、他のVODが良かったりすると思いますが、最も低料金のAmazonがこれだけカバーしているのは驚きでした。

Amazon primeは、ミュージックや電子書籍(Kidle)もダウンロードできるし、商品購入や配送も優遇されるし、もはや使わないのがもったいない会員サービスですね。

懐かしい映画をたくさん見たいあなたは、まずAmazon primeを使ってみて、自分が見たくて足りないジャンルで他のサービスを追加検討することをおすすめします。

特に新作はU-NEXTやTSUTAYA TVなどのサービスポイントで毎月見れますから。

下のボタンから無料お試しできます。

Amazonプライム30日間無料トライアル

TSUTAYA TV 30日間無料お試し

U-NEXT 31日間無料体験
 

タイトルとURLをコピーしました